スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西表島③

2010.02.27.Sat.23:25
マイブームは「ぬか漬け」です。
いい味が出るにはそれなりの時間を必要とします。
そこは人間と同じかもしれません。気長にいきましょう。

こんにちは!5期メンバーのスギです。
自分は昨年の早稲田祭で「ハカ」という踊りをしました。
知っているでしょうか?
ニュージーランドの先住民であるマオリ族がやる踊りです。
メンバーの中にも、よさこい踊り・バレー・競技ダンスなどをやってる人がいますよね。
集団で歌ったり踊ったりするのは楽しいもんです。
マイム・マイムであっても。
紺碧の空であっても。

今回は沖縄の踊り『エイサー』についてです。
エイサーとは太鼓サンシンを使った沖縄独特の盆踊りです。
使う太鼓は3種類(大太鼓・締太鼓・パーランクー)あります。
大太鼓は「太鼓!」って感じのヤツです。
締太鼓は「よぉー!ポン!!」ってやりたくなるヤツです。
パーランクーはタンバリンみたいなヤツです。
(こん身の説明に納得できない人は検索してみてください)

サンシンは琉球の三味線ですね。
由布島行くときに聴けるはず。
よっぴいは持ってるとか??

エイサーはお盆の時期に現世へ戻ってきた祖先の霊が、
無事にグソー(あの世)へ戻れるよう祈願する踊りです。
しかし、エイサーは一般的な盆踊りとは異なります。
太鼓を打ち鳴らしながら躍動的に踊るわけです。
しゃがんだり、飛んだり、叫んだり、
「エイヤーサッサ!!」
と踊るわけです。指笛も登場します。

歴史的にみると沖縄本島が発祥のようで、
今は石垣や西表も含めた沖縄全県で行われています。
そのため使われる曲は地域ごとで違ったりするそうです。

大人数のエイサーは生で見たらすごい迫力なんでしょうね。
いつか見に行きたいなと思います!

今回はあまり西表島っぽくないですが、そこはご容赦ください。
それでは!
スポンサーサイト
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。