スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こなぁーゆきぃー、ねぇ鳩間まで白く染められたなら

2011.02.14.Mon.02:12
お久しぶりです!
れおなです!
いよいよ離島日記も2周目にとつにゅー

先日、東京でも雪が降りましたね
うちにも数センチ近く積もりました。
鳩間島にも雪は降るんでしょうか・・・

気象庁によると沖縄本島の西にある久米島の観測所で、
1977年2月17日にみぞれが観測されたのが
沖縄の唯一の雪の公式記録みたいなので
もっと南の鳩間の地に雪が舞い散る景色は難しそうですね

雪といえば
先週は早稲田の「雪ほり」の授業で
新潟県十日町松代という日本でも有数の豪雪地帯に
雪かきに行ってました

しかし、まさかのこの「雪ほり」授業の
離島メンバーの人口密度の高さ笑
かときち(TA)を始め、六ちゃん、しゅんぺい、自分と
離島メンバー4人が倍率3倍の壁を乗り越え
雪国松代で奇跡の再会をはたしました

今年の新潟は新聞・テレビでもよくとりあげられますが、
雪が2,3メートル近く積もり、
てか正直もう地面が見えないので
何mとかよく分からないんですが笑
ホントにあたり一面銀世界でした

末代
<セミナーハウスからの眺め>

この授業が行われた
松代地域は現在人口が一時期の3分の1の約4千人となり、
次々と若者が離れていく、いわゆる限界集落です。
私たち学生が雪ほりを手伝いさせいただいたお宅も
一人暮らしの高齢の女性の方のお宅でした。

私たちは授業の数日だけですが
現地の方は冬の期間はほぼ毎日雪かきをし、
雪によって普段のふつーの生活が
常に危険が伴う雪国の生活は
非常に大変であると実感しました。
それでも松代の女性の方はどの方も
とっても明るく元気な方ばかりでした
しゅんぺいモテモテやし

今回、自分が体験したのは
雪国地域のほんの小さな
限られた一面にすぎないんですが、
やっぱり本やテレビ、ネットの情報だけでなく
実際現地に行って、目とか耳とか五感で感じて、
考えることて、やっぱ重要なんだと思います。

それは離島交流PJでも同様で、
鳩間島という島で
私たち学生が
普段の学生生活では得られない
様々な体験を通し感じ、そして学ぶという
この貴重な機会を得られたことに対し
本当に色んな人に感謝しながら、
これからも活動していきたいです。

はっ、もうこんな時間(現在02:37)
今日、日記で紹介した新潟県松代地域では
かときちも所属し活躍??している
WAVOC「まつだい早稲田じょんのびクラブ」
という団体が活動しているので
興味がある方はぜひ一度、
HP等ご覧になってみては

それでは、また








スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。