スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京企画を終えて

2013.10.30.Wed.02:46
こんにちは!
例によってけーいちがお送りいたします^^


ちょっと更新が遅れてしまいましたが、今週の日曜日に
ポスターセッション&ワークショップ「鳩間×早稲田 共に考える島の未来~2000キロ離れた東京から考える~」を無事終えることができました。

今回のイベントは、去年のシンポジウムの続きということで、
前回、鳩間島の島民の方と共に見つけた島の課題について、今回は鳩間島ファンの皆さんと広く共に考える
機会をつくりたいということで実施いたしました。

また、前回の会では離島交流PJが今後どのような活動をしていくべきか、その役割などについても
島民の方と確認したのですが、今回はシンポジウムから一年間、実際に活動してみて学生がどう感じたか、
どのような壁にぶつかっているのかを発信する機会にもなりました。


去年のシンポジウムよりも規模の小さい会となりましたが、
その分、来場者の方々との距離が近く、濃密な時間を送れたと感じています。
貴重な意見もたくさんいただくことができました^^

当日お越しくださった皆様、この会を開くにあたってアドバイスをいただいた方々やWAVOCの先生方、
また、後援のロータリークラブや文化推進部の関係者の皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m
ほんとに、関わってくださった皆さん全員の力で、今回このイベントを形づくれたのだと思います。


今回のイベントはシンポジウムよりも準備期間が短く、事前の広報などにもなかなか手が回らないなど、
反省すべき点も多くありました。
そのためにご迷惑をおかけしたことも多かったと思います。
正直僕自身も、短い準備期間でどれだけ有意義なイベントができるのだろうという不安を、当日まで拭いきれずにいました。
ほんとはそんなんじゃいかんのですけれども^^;

けれど、そんな不安を抱えながら迎えたイベントでしたが、終えてみると今回このイベントができて本当によかったと心から思うことができました。
これはなにより、当日お越しくださった皆様のおかげだと思っています。

ワークショップのなかでも、いままで自分たちだけでは持てなかった視点や、関わり方などについてのアドバイスをたくさんいただき、会場に来てくださった方々ひとりひとりが、鳩間島について共に考え、悩んでくださっているのだと感じました。
あらためて、本当にありがとうございました。

明日のミーティングからは、今回のイベントの反省作業に入ります。
内容面でも、それから運営の面でも今回得られたことは多かったと思います。
それらをしっかりと次の活動につなげ、活かしていき、もっといい活動にしていきたいです!

「島の役に立つ」というこのプロジェクトの最終目標にはまだまだ遠いところにいる僕たちですが、
それでも一歩ずつ近づいていけたらと思います。

こんな僕たちですが、離島交流プロジェクトをこれからもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。